オンライン英会話で本場の英語!イギリス人講師の性格と特徴

オンライン英会話で本場の英語!イギリス人講師の性格と特徴

オンライン英会話講師の国籍で、アメリカと並ぶくらい人気がある『イギリス』。

『英語の本場はイギリスだ』という印象があるためか、どこのスクールでもイギリス人講師の予約はすぐに埋まってしまいます。

でも、実際にイギリス人の英語や性格はどんな感じなのでしょうか?
具体的に見ていきましょう

イギリス人、英語の特徴

まずは、イギリスの英語発音の特徴からご紹介していきます。

イギリス英語の発音は、『住んでいる地域』や『階級』によって異なります。

ここでは、最も標準的なイギリス英語の発音とされている『容認発音(Received Pronunciation)』についてお話しします。

『R発音』が弱い

イギリス英語は、アメリカ英語のように、“R”を発音するとき舌を強く巻きません。

例えば、“Ear”という単語。
アメリカ英語の場合は『イァル』のように発音しますが、イギリス英語の場合は『イア(ea)』と発音します。

母音に挟まれた“T”は『タ』と発音する

加えて、母音(a, i, u, e, o)に挟まれた“T”は『タ』と発音します。

例:アメリカ英語では“Letter”を『レダー/レラー』と発音するが、イギリス英語では『レタ』と発音。他にも“Tutor”は『チューダー/チューラー』ではなく、『チュータ』と発音する。

短い音で発音する“O”はそのままの音で発音する

続けてアメリカ英語と比較していきます。

アメリカ英語では短い“O”を“A”の音で発音しますが、イギリス英語ではそのまま“O”の音で発音します。少しややこしいので、例をあげて見ていきましょう。

例“Box”はアメリカ英語では『バックス(baks)』と発音されるが、イギリス英語では『ボックス(boks)』と発音される。

舌を強く巻くR発音が苦手な日本人は、イギリス英語の方が上手く発音できそうですね♪

現在のイギリス英語

上の章で述べたように、『住んでいる地域』だけでなく『階級』によっても、イギリス英語の発音は異なります。

『住んでいる地域』によって違うのは、日本でいう方言と同じようなことなので、なんとなく想像できますが、『階級』によって違うとはどういうことなのでしょうか?

階級別の英語発音

イギリスは今でも『階級社会』です。
その階級は上から『上流階級』『中流階級』『労働階級』の3つに分かれます。

日本人の私たちからすると「なんだか差別的じゃない?」と思うかもしれませんが、階級社会の慣れたイギリス人にとって当たり前のことです。それぞれの階級の人々が『自分の階級に見合った生活をすること』を認めています。

では、各階級の英語発音を見ていきます。

上流階級

王室や大地主などの人々を指します。彼らの中には、イギリスの有名私立学校『パブリックスクール(中等教育)』に通い、『オックスフォード』などの超有名大学に進学する人が多数います。そんな彼らの話す英語が『容認発音』です。

容認発音を話すイギリス人で有名なのが、オックスフォード卒の俳優・ヒュー・グラント。動画でヒュー・グラントの英語を聞いたのですが、アメリカ英語ばかり勉強してきた私でも、ほとんど問題なく聞き取ることができました!

中流階級

大学進学をし、会社社長・医者・弁護士などの職業に就いています。上流階級の人と同じく、容認発音をしようとする人もいますが、テムズ川周辺で発生した『河口域英語(Estuary English)』を話す人も多くいます。

河口域英語は、容認発音と労働者階級の発音(コックニー)が混ざったような発音をします。

河口域英語を話す有名人は、ウィリアム王子。ウィリアム王子はもちろん上流階級の人ですが、彼の話す英語は河口域英語に近いそうです。

労働者階級

大学進学をする人が少なく、肉体労働系の仕事に就く人が多いです。中でも人気なのが、サッカーやボクシングなどのスポーツ選手。彼らは『コックニー(Cockney)』という少し独特な英語発音をします。

例えば“ei”の発音が“ai”になるなどです。
(“Day”は通常であれば『デイ(dei)』と発音しますが、コックニーの場合は『ダイ(dai)』となります。)

労働階級出身の元サッカー選手のデビット・ベッカムも、かつてはコックニー英語を話していました。しかし、メディアへの露出が多かった彼は、より多くの人に伝わるようにと、次第に容認発音を意識し始めます。その結果、今では上品な容認発音で、英語を話しています。

上流階級の容認発音は『正統派の英語発音』として、私たち外国人がイギリス英語を学ぶ際のお手本となります。

ですが現在のイギリスでは、どの階級の人も『河口域英語』を使うようになってきています。そのため、河口域英語は「容認発音にかわる標準発音になるかも」と言われています。

イギリス人の性格

イギリスの有名な観光地ビック・ベンはこんな感じ。

次に、イギリス人の性格を見てみましょう。

イギリス人の性格

・適度な距離感を求める
自分のプライベートに関して、他人にとやかく言われることを嫌います。ベタベタとしたスキンシップもあまり好きではなく、「他人とは一定の距離が必要だ」と思っている人が多いようです。

・『建前』がある
イギリス人は、本音をストレートに語ることをあまりしません。言いたいことを包み隠して人に伝えるため、中にはイギリス人のことを『嫌味っぽい』感じる人もいます。

・シャイ
意外と恥ずかしがり屋さんが多いようです。感情を表に出すことが、あまり得意ではありません。

・こだわりやさん
基本的に自分の意見をちゃんと持っており、こだわるところはトコトンこだわります。かつてイギリスでは、ミルクティーを作る際に『ミルクを入れてから紅茶を注ぐ派』と『紅茶を入れてからミルクを注ぐ派』の間で、100年以上も揉めたことがあるんだとか…。恐るべし、イギリス人のこだわり!

・アメリカが嫌い
アメリカへの敵対意識がとても強いです。イギリス人とアメリカ人を間違えると、すごく嫌な顔をされそうです。イギリス人と接するときは、間違えないように気をつけましょう!

私はアメリカ大好きなのですが、イギリス人の性格と似ているところが多々ありました。
もしかすると、イギリス人講師と私の相性はバッチリなのかもしれませんね。

イギリス人講師在籍のスクール

最後にイギリス人講師在籍のスクールをご紹介します。

DMM英会話
イングリッシュライブ

などがオススメです。

英語の聖地・イギリスの英語を楽しく学んでいきましょう♪

▼おすすめスクール

▼コンテンツ一覧

▼その他