日常英会話が身に付く!オンライン英会話のレッスン内容とは

日常英会話が身に付く!オンライン英会話のレッスン内容とは

オンライン英会話のレッスンは毎日受けても費用が安く、1回のレッスン時間が25分と短いのが特徴。そのため、生活の中に無理なく取り入れることができます♪

そんなオンライン英会話を利用したい目的として一番多いのが『日常英会話ができるようになりたい』です。しかし、日常英会話のレッスンでは、具体的にどんなことをするのでしょうか?

レッスン内容が気になった人は、各オンライン英会話スクールのホームページで、カリキュラムを確認すると思うのですが、残念ながら詳しく記載しているところは少ないです。分からないままオンライン英会話を利用するのってとても不安ですよね…。

そんな不安を解決すべく、今回は『オンライン英会話の日常英会話レッスン』についてまとめてみました♪

レベルによって異なるレッスン内容

オンライン英会話のレッスンは、その人の英会話レベルによって内容が異なります。

レベルを大きく分けると、『初級』『中級』『上級』の3つなのですが、これらの違いは何なのでしょうか?1つずつ見ていきます。

英会話初級者さん

英会話学習を始めたばかりの人orリスニング・スピーキングが極端に苦手な人のことを指します。「英会話なんて本当に無理…」という人は初心者さんです。

英会話中級者さん

相手の話がほとんどの理解でき、自分の言いたいことを文章で伝えられるようになってきた人のことを指します。

英会話上級者さん

日本語で会話するような感覚で、何の心配もなくスムーズに会話できる人を指します。

しかし、英会話レベルがどれくらいかなんて、自分自身では判断しづらいですよね。

そんなときに利用したいのが、いくつかのオンライン英会話スクールが用意している『レベルチェック』です。簡易のレベルチェックであれば、無料で実施しているスクールもありますよ。

レベルチェックを受けてみよう!

では実際に『レベルチェック』では何をするのでしょうか?

ここでは『QQイングリッシュ』『レアジョブ』の簡易レベルチェック(無料体験時)を例に、どんなことをするのか見てみましょう。

QQイングリッシュもレアジョブも、『10段階のうちどれくらいのレベルか』で評価してくれます。またどちらのスクールも、講師の質問に答えていくだけなのですが、答える際は文章で答えるよう求められます。

異なるのは進め方です。

QQイングリッシュの場合は、事前にレベルチェック用のテキストをダウンロードし、そのテキストについて先生が質問してきます。しかしレアジョブの場合は、テキストはなく、講師が日常的なことについて質問をしてくるので、それに答えていきます。

あまり難しいことは聞かれないので、安心してレベルチェックを受けて下さいね♪

次は、レベルチェック後のレッスンがどんな風に進められるのか見てみましょう!

初級者さんのレッスン内容

まずは『初心者さんのレッスン』から見ていきます。

初心者の日常英会話のレッスンは、主に『日常生活』をテーマにしたテキストを使用し、実際に使えそうな英単語・フレーズを学んでいきます。

例えば産経オンライン英会話のオリジナルテキスト『日常英会話 初級 No.1』では、挨拶(“Good morning”“Hello”“See you”など)について学びます。また、先生とロールプレイをすることで、具体的な使い方も知ることができます。

他には、世界中の英語学習者に使用されているテキスト『Side by Side』を使っているスクールもあります。

『Side by Side』は数々の教科書制作に携わったSteven J. Molinsky氏とBill Bliss氏によって執筆されました。全部で4冊あり、基礎レベルからしっかりと学ぶことができます。

さらに、日常生活に使えそうな単語が数多く盛り込まれているため、実用性もバッチリ。利用しているスクールは、『DMM英会話』『レアジョブ』などです。こちらで初心者におすすめの英会話スクールを紹介していので、初めての人は見てくださいね。

また、スクールによっては『日本語対応可能』な講師を用意しているところもあります。「英語で話せる自信が全くない」という人は、分からない箇所を日本語で尋ねることができ安心ですね。

中級者さん向けのレッスン内容

次は『中級者さんのレッスン』についてです。

中級者さんのレッスンも、初心者さんのレッスンのように『日常生活』をテーマにしたテキストを使うスクールがほとんどです。もちろん、中級者用のテキストは『初心者用テキストの応用編』なので、基礎力がないと理解するのは難しいと考えましょう。

具体的に言うと、産経オンライン英会話の『日常英会話 中級 No.1』のテキストは、初級と同じように挨拶について学ぶのですが、再会の挨拶(“It is great to see you again.”など)について学びます。

「基礎はできるのに、いざ話すとなると英語が出てこない…」という人のために、『瞬間英作文』や『カランメソッド』を利用し、レッスンをしているスクールもあります。

まず『瞬間英作文』は、日本国内でとても人気がある英会話学習のテキストです。著者は英会話教室を運営している森沢 洋介氏なのですが、注目して欲しいのがテキストの進め方。

大まかにいうと、テキスト内のフレーズを暗記し、何度も口にすることで、実際の会話でスラスラ言えるように工夫されています。

(詳しいテキストの進め方は★こちら『DMM英会話 本登録13回目の記事』へのリンクを貼る★にあります。ぜひご覧ください。)

『瞬間英作文』を使ったレッスンを実施しているのはDMM英会話です。

『カランメソッド』は、イギリス人英語教師であるRobin Callan氏によって作られた英会話学習方法で、『他のメソッドの約1/4の時間で英会話ができるようになる』と言われています。英語を母国語としない人のために作られたメソッドで、今では世界中の英語学習者に使用されています。

レッスンでは、先生からの質問にひたすら答えていくのですが、レッスンを進めるスピードがとにかく速い!会話時に必要な瞬発力が鍛えられます。ちなみにカランメソッドを採用しているスクールで代表的なのが『QQイングリッシュ』です。

中級者さんにとって、『瞬間英作文』や『カランメソッド』のレッスン中に出てくるフレーズや単語は、少し簡単に感じるかもしれません。

しかし、『知っている』のと『使える』のとには大きな違いがあります。使える英語表現を増やし、よりスムーズに会話できるようになりましょう。

少し英会話に慣れてきた人、カランや瞬間英作文で一気に英語を覚えたい人にピッタリ!中級者におすすめの英会話スクールを紹介します。

上級者さん向けのレッスン内容

上級者さんは、よりリアルな会話をしながら、会話表現にさらに磨きをかけていきます。そこでよく利用されるのが、『フリートーク』や『ディスカッション系』のレッスンです。オンライン英会話上級者にもおすすめ!フリートークやディスカッションのできるスクールを紹介。

フリートークの場合、生徒から話題を振っていかなければならない部分もあり、お喋りがあまり得意でない人は会話が続かないかもしれません。

一方、ディスカッション系のレッスンは、ニュース記事などを読み、先生とその記事について話し合うので、生徒から積極的に話題を作る必要がありません。例えばDMM英会話では、イギリスのBBCニュースやアメリカのCNNニュースの記事を使い、先生とディスカッションをします。

スクールはどうやって選べばいいの?

最後に、自分にあったスクールやレベルを選ぶ際の一番のポイントをご紹介します。

一番のポイントは、『無料体験を受けてみること』です。
多くのスクールで、日常英会話のレッスンを無料体験時に受けることができ、スクール選びの際に参考になります。

各スクールの講師・テキストが、自分に合うor合わないというのは、実際に体験してみないと分かりません。いくつかのスクールの無料体験レッスンを受け、お気に入りの一校を見つけましょう。

▼おすすめスクール

▼コンテンツ一覧

▼その他