オンライン英会話上達はフリートークor教材使用のレッスン?

オンライン英会話上達はフリートークor教材使用のレッスン?

オンライン英会話のレッスンは大きく分けて、『教材を使用したレッスン』と『フリートークレッスン』の2種類です。

ほとんどのスクールが、この2種類のレッスンを行っています。
それぞれの具体的な内容や、メリット・デメリットを見てみましょう!

教材を使ったレッスン

まずは、『教材を使ったレッスン』についてお話しします。

レッスンで教材を使う際、予約時に使いたいテキスト指定する場合がほとんどです。
基本的にどのスクールも用意しているテキスト数は豊富で、様々な目的(日常英会話・ビジネス英会話・発音など)やレベルに対応できるようになっています。また、DMM英会話やレアジョブのように、テキストを無料で配布しているスクールが多いのも嬉しいですね。

レッスンでは、先生と一緒にテキスト内の文章を音読したり、読解問題を解いたりして、テキストを進めていきます。

メリット

・「○月までにこのテキストを終わらせるぞ」など予定を立てやすい

・テキストに沿ってレッスンを進めていくので、講師のレッスンの進め方が上手いor下手にあまり左右されない

・レッスン後に復習をしやすい(テキストを見れば、レッスンで何をしたか大体思い出せるため)

・自分の目的にあったテキストで学習できる

デメリット

・初めてテキストを使う際、どれを使えばいいか分からない

・フリートークとは違い、いかにも「勉強してる!」という感じがする

どのテキストを使えばいいか分からない人は、各スクールの日本語サポートに連絡し相談にのってもらうか、レッスン中に講師に相談してみましょう♪また、レベルチェックを設けているスクールであれば、自分のレベルを確認してからテキストを選ぶことができます。

『教材を使用したレッスン』は、学びたいことが決まっている人・着実にレベルアップしたい人・英会話初心者さんにオススメです。

フリートークレッスン

フリートークのレッスンでは、開始時に話す内容(テーマ)を講師と決め、それについてディスカッションしていきます。講師の話を聞きつつ、自分の意見も述べていくため、ある程度のリスニング力とスピーキング力が必要です。

メリット

・会話に必要な『瞬発力』や『柔軟性』などを身につけることができる

・よりリアルな状態の英会話に触れることで、英語が本来持つ『コミュニケーションツールである』という役割に気づくことができる

・興味のあるテーマであれば、楽しみながらレッスンを受けることができる

デメリット

・英会話初級者さんには難しいレッスン。場合によっては、レッスン中に会話がなくなり、無言の時間が生まれることも。

・自分の知っているフレーズを頻繁に使うだけで、英会話力がなかなか伸びない

・レッスン後の復習が大変(どんなフレーズや単語が出てきたか思い出せない)

・講師が持っているコミュニケーション能力により、レッスンの質が大きく左右される

英会話中級者さん~上級者さん、・リアルな英会話を体験したい人は、『フリートークレッスン』を受けてみましょう!

フリートーク応用編・持ち込み教材を使う

「自分の持っているテキストを使いたい…」
産経オンライン英会話のように、持ち込み教材の使用を許可しているスクールがあります。

持ち込み教材を使用したい場合は、『フリートーク』で予約をし、先生と教材を共有できるようにしておきましょう。共有する方法は、スキャナーで使いたい教材をパソコンに取り込み、当日スカイプを通して先生に送るなどです。

持ち込み教材を使ったレッスンは、お手軽で便利な印象を受けますが、注意しておきたいことが2つあります。

・レッスン中に、持ち込み教材を先生と共有するため、先生はレッスン前に予習をすることができない。(レッスンの質が落ちる可能性)

・ファイルを送受信する際に、何らかのコンピューターウイルスに引っかかってしまっても、スクール側は責任をとってくれない

これらの注意点を知った上で、持ち込み教材を利用しましょう。

英会話上達には、とにかく復習を!

せっかくレッスンをしても、習ったことを忘れてはレッスンの意味がありません。

フリートークレッスン、教材を使ったレッスンを問わず、レッスン後は必ず『復習』をするようにしましょう。『習った単語やフレーズを紙に書き出す』『声に出して練習する』などが効果的ですよ♪

▼おすすめスクール

▼コンテンツ一覧

▼その他