得する?損する?オンライン英会話の支払い方法

得する?損する?オンライン英会話の支払い方法

各オンライン英会話スクールによって『料金の支払い方法』は様々。

クレジットカード決済、PayPal、銀行振込、口座自動引き落とし、コンビニ決済などがあります。自分にぴったりな支払い方法とは、一体どれなのでしょうか?

クレジットカード決済

対応スクール:DMM英会話、レアジョブ、産経オンライン英会話など

多くのオンライン英会話スクールが、『クレジットカード決済』に対応しています。
クレジットカード決済のメリットとデメリットを見てみましょう!

クレジットカード払いのメリット

・カード情報を入力するだけで支払いOK!
・ユーザー側は、手数料を支払う必要がない。
・使うごとに、クレジットカードのポイントが溜まっていく。

クレジットカード払いのデメリット

・自ら『安全対策』をしなければ、クレジットカード情報が漏れることがある。
それを避けるために、スクール側のセキュリティ対策(個人情報を暗号化するSSL機能など)をきちん確認し、定期的にパソコンのウイルスチェックをする必要がある。
・クレジットカードの有効期限切れ・情報変更・残高不足などでレッスン料の支払いができなくなる。その場合は、解約手続きが自動で行われ、残りのチケットやポイントなどを失う可能性もあります。

カードの自己管理がきちんとできる人は『クレジットカード決済』をオススメします。
一番手間がかからず、スピーディーな方法です。

PayPal(ペイパル)で支払う

対応スクール:産経オンライン英会話、QQイングリッシュなど

日本でも徐々に知られつつある『PayPal(ペイパル)』。
PayPalとは一体なんなのでしょうか?

PayPalとは、アメリカ『PayPal社』が提供している、オンライン決済サービスのことです。現在は26通貨に対応していて、200以上の国で使うことができます。(日本のPayPalでは、22通貨に対応しています。)

セキュリティ面が強いため、世界中の人・企業が利用しています。

PayPal払いのメリット

・PayPalのIDとパスワードを入力するだけで、インターネット上の支払いが完了する。そのため、スクール側に自分のクレジットカード番号を知られない。
・PayPalスタッフが、毎日24時間不正がないか見張っている。
・アカウント登録費、年会費、手数料がかからない。
・クレジットカードのポイントも、もちろん付与される。

PayPal払いのデメリット

・PayPalアカウントを作る必要がある。

アカウントさえ作成してしまえば、後は簡単・安全に支払いを済ますことができます♪

銀行振込み

対応スクール:レアジョブ、産経オンライン英会話、QQイングリッシュ(ポイントプランのみ)など

銀行やATMに行き、自分で手続きを行う『銀行振込み』。

「クレジットカード使用はできるだけ避けたい。」
「そもそもクレジットカードを持っていない。」
そんな人には嬉しい支払い方法です。

銀行振込みのメリット

・口座残高を確認しながら支払いができる。

銀行振込みのデメリット

・2~3ヶ月分のレッスン料を、まとめて支払わなければいけないスクールが多い。
・振込後、レッスンに反映されるのが遅い。(スクール側が振込確認を行うため、1~2営業日程度かかる。)
・振込手数料がかかる。

人によっては、メリットよりデメリットの方が気になるかもしれません。
銀行振込での支払いをする前に、きちんと考えるようにしましょう。

口座自動引き落とし

『口座自動引き落とし』に対応しているスクールもあります。

銀行振込とは違い、自ら銀行やATMに行かなくて済みます。また、手数料もスクール側が負担してくれることがほとんど。

デメリットは、『手続きが面倒なこと』です。

口座自動引き落とし手続き方法

1.支払い方法を『口座自動引き落とし』にする。
2.スクール側から、口座自動引き落としに関しての書類が送られてくる。
3.書類に必要事項を記入し、スクールに返送する。
4.2~3ヶ月で手続きが終了し、口座自動引き落としが可能になる。(それまでの間は、銀行振込などで料金を支払います。)

面倒な上に時間もかかるので、あまりオススメできません…。

コンビニ決済

家や会社近くのコンビニで支払うことができます。
便利でお手軽な方法ですが、対応しているスクールがかなり少ないのが特徴です。

その他の支払い方法

ここでは、大手英会話スクール『DMM英会話』の、少し変わった支払い方法をご紹介いたします。

DMM英会話では『クレジットカード決済』の他に、『DMMポイント(プリペイド)』でも料金を支払うことができます。詳しく見てみましょう。

-DMMポイントって?-
銀行振込・電子マネー(ビットキャッシュやwebMoneyなど)・コンビニ店頭支払い・PayPal・クレジットカードのいずれかで、DMMポイントを購入することができます。1ポイント1円の価値があり、DMMで提供しているサービス・商品の支払いが可能です。

ポイントの購入方法が様々なので、自分に合った支払い方法を選ぶことができます。

支払い方法、どれがいい?

『料金の支払い』はスクールを選ぶ際の、大事なポイントです。

お手軽さNo.1は『クレジットカード』。
手軽さと安全面、両方を考えるのであれば『PayPal』。
現金主義の人は『銀行振込』か『コンビニ決済』をオススメします。

自分に合った支払い方法で、楽しく英会話学習ができるといいですね♪

▼おすすめスクール

▼コンテンツ一覧

▼その他